竹沢うるまTakezawa Uruma

プロフィール

1977年生まれ。
第3回日経ナショナルジオグラフィック写真賞グランプリ受賞。

同志社大学法学部法律学科に在学中、沖縄を訪れて海の中の世界を初めて見て驚き、自身が見て感じたことを記録に残そうと写真を始める。その後、アメリカ一年滞在を経て、独学で写真を学ぶ。卒業後、ダイビング雑誌のスタッフフォトグラファーとして水中撮影を専門とし、2004年より写真家としての活動を本格的に開始。2010年~2012年にかけて、1021日103カ国を巡る旅を終え、現在に至る。
* Uruma は沖縄の方言で珊瑚の島という意味

受賞歴

2014年
第3回日経ナショナルジオグラフィック写真賞グランプリ

主な著書

2010年
『Tio’s Island』写真:竹沢うるま 物語:池澤夏樹(小学館)
2013年
『Walkabout』(小学館)
2015年
『The Songlines』(小学館)
『今』写真:竹沢うるま 詩:谷川俊太郎(小学館)
『Buena Vista』(創芸社)
2016年
『Kor La -コルラ』(小学館)
『旅情熱帯夜 1021日・103カ国を巡る旅の記憶』(実業之日本社)

主な写真展

2005年
「TWILIGHT ISLAND」(DIGZ原宿)
2007年
「Rainbow's End」(Palau Pacific Resort)
「URUMA -日本の異次元空間を旅する-」(丸善・丸の内本店)
2008年
「Tahiti ~タンガロアが創った島々~」(PENTAX FORUM)
2009年
「Tio’s Island ~南の島のティオの世界~」(KONICA MINOLTA PLAZA)
2013年
「Walkabout -1021日、103ヶ国を巡る旅の記録-」(キヤノンギャラリー)
2015年
「Trance Continent」(CREATIVE SPACE HAYASHI)
「今の今」(America-Bashi Gallery)
「LAND」(ニューヨーク Foto-Care Gallery)
「Buena Vista」(AL)
2016年
「Kor La」(キヤノンギャラリー S)
2017年
「果ての、その先へ。 - 旅情熱帯夜」(キヤノンギャラリー)
2021年
「BOUNDARY|境界」(キヤノンギャラリー銀座・大阪)

その他の活動

2015年
テレビ朝日系列 キヤノンプレゼンツ「The Photographers 2」出演
2017年
キヤノン EOS 6D Mark II CM「竹沢うるま篇」出演