シーン別・名場面

6 27
WTAツアー初優勝のBNPパリバ・オープンや、四大大会で初優勝を飾った全米オープン、四大大会連覇を果たし世界ランキング1位を確定させた全豪オープンの写真など
  • 2020年 全米オープン

    2020年 全米オープン

    2度目の全米OP優勝。
  • マスク姿

    マスク姿

    全米OPでは人種差別に抗議するため7枚のマスクを用意。
  • 2018年 全米オープン

    2018年 全米オープン

    日本選手としてシングルス初優勝。
  • 2020年 ウエスタン・サザン・オープン

    2020年 ウエスタン・サザン・オープン

    人種差別に抗議するため準決勝を一時棄権。
  • 2020年 全豪オープン

    2020年 全豪オープン

    連覇を目指し、第3シードで出場も3回戦敗退。
  • 2019年 WTAファイナルズ

    2019年 WTAファイナルズ

    初戦勝利も右肩の負傷で大会欠場。
もっと見る

関連人物

6 16
元コーチの父やテニス選手である姉など家族の写真や、コーチやトレーナーなど「チームなおみ」の画像。
  • チームなおみ

    チームなおみ

    大坂なおみを支える「チームなおみ」の写真。
  • ウィム・フィセッテ

    ウィム・フィセッテ

    現在コーチを務める。
  • 茂木奈津子

    茂木奈津子

    2018年末までアスレチックトレーナーを務める。2019年4月にトレーナーに復帰。
  • YBNコーデー

    YBNコーデー

    彼氏、米国人ラッパー
  • ジャーメイン・ジェンキンス

    ジャーメイン・ジェンキンス

    2019年にコーチを務める。
  • 姉・大坂まり

    姉・大坂まり

    姉、テニス選手
もっと見る

大会別

6 7
グランドスラムやフェドカップなど大会別の画像がご覧いただけます。
  • 2020 全米オープン

    2020 全米オープン

    決勝でアザレンカを逆転で破り2度目の全米OP優勝。
  • 全豪オープン

    全豪オープン

    2019年、初優勝。2018年全米オープンに続くグランドスラム連覇を果たす。
  • 全米オープン

    全米オープン

    2019年は第1シードで出場。 2018年の優勝は、日本選手で史上初となる四大大会制覇。
  • ウィンブルドン

    ウィンブルドン

    2019年大会、初優勝を目指し第2シードで出場も1回戦敗退。
  • 全仏オープン

    全仏オープン

    2019年大会に四大大会3連覇を目指し、第1シードで出場も3回戦で敗退。
  • フェドカップ

    フェドカップ

    2017年に日本代表に初選出される。
もっと見る

年代別

6 6
プロ転向翌年の2014年から年代別で写真検索頂けます。
  • 2014年

    2014年

    ジャパン女子オープンテニスやメキシコ・オープンに出場
  • 2015年

    2015年

    WTAファイナルのライジングスター招待で優勝、全米オープンの予選に初出場。
  • 2016年

    2016年

    全豪オープンでグランドスラム本戦に初出場。東レパン・パシフィック・オープンでWTAツアー初の決勝進出。
  • 2017年

    2017年

    ウィンブルドン本戦に初出場。全米オープン1回戦で前年覇者のアンゲリク・ケルバーに勝利。
  • 2018年

    2018年

    インディアンウェルズ・マスターズでWTAツアー初優勝。全米オープンで4大大会初制覇。
  • 2019年

    2019年

    全豪オープンで昨年の全米オープンに続きグランドスラム連覇。
もっと見る
大坂なおみ選手のすべての写真はこちらから検索頂けます。
  • 全ての写真

    全ての写真

    大坂なおみ選手のすべての写真を見る。
もっと見る

関連特集

4 4
  • 八村塁の軌跡

    八村塁の軌跡

    日本人として初めてNBAドラフトで1巡目指名されたバスケットボール選手のこれまで。
  • サニブラウン・アブデル・ハキームの軌跡

    サニブラウン・アブデル・ハキームの軌跡

    日本最速の若手スプリンターのこれまで。
  • 錦織圭の軌跡

    錦織圭の軌跡

    2016年リオデジャネイロ五輪で、テニス男子シングルスで日本選手として96年ぶりのメダル獲得など、日本男子テニスを牽引する錦織圭のこれまで。
  • 伊達公子の軌跡

    伊達公子の軌跡

    WTAツアー8勝は日本人歴代2位、シングルスの世界ランキングでも自己最高4位と、日本女子テニスを牽引した伊達公子のこれまで。