をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
71709879

ラファエロ 「レオ10世の肖像」

ラファエロ 「レオ10世の肖像」 [71709879] の美術・絵画素材は、ラファエロ・サンティ、イタリア、イタリアの画家などが含まれる画像素材です。無料の会員登録でサンプルデータのダウンロードやライトボックスなど便利な機能をご利用いただけます。
ラファエロ 「レオ10世の肖像」
ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
71709879
タイトル
ラファエロ 「レオ10世の肖像」
キャプション
作家名: ラファエロ・サンティ ( 1483年 - 1520年 )
タイトル:「レオ10世の肖像」
国籍: イタリア
ジャンル : ルネサンス 盛期ルネサンス
Author:Raphael (Raffaello Sanzio da Urbino) (1483-1520)
Description:Pope Leo X Medici (1475-1521) with cardinals Giulio de Medici (later Pope Clement VII 1478-1534), and Luigi de Rossi, 1517 Oil on wood 154 x 119 cm Inv. Galleria Palatina 40.
Classification:PAINTING ~ RENAISSANCE ~ 16th
Personalities:POPE LEO X (1475-1521) ~ POPE CLEMENT VII (1478-1534) ~ ROSSI, LUIGI DE, CARDINAL (16th)
Location:Uffizi, Florence, Italy
Collection:Lessing

Title: Portraits of Leo X (1475-1521) Cardinal Luigi de' Rossi and Giulio de Medici (1478-1534) 1518 (oil on panel)
Creator: Raphael (Raffaello Sanzio of Urbino) (1483-1520)
Nationality: Italian
Description: Leo X was Giovanni Medici, son of Lorenzo Medici 'the magnificent'; Giulio Medici grandson of Piero I, became Pope Clement VII;
Location: Galleria degli Uffizi, Florence, Italy
Medium: oil on panel
Date: 1518 (C16th)
Dimensions: 155.5x119.5 cms
Credit: Portraits of Leo X (1475-1521) Cardinal Luigi de' Rossi and Giulio de Medici (1478-1534) 1518 (oil on panel), Raphael (Raffaello Sanzio of Urbino) (1483-1520) / Galleria degli Uffizi, Florence, Italy / Bridgeman Images
Keywords: Clement VII Renaissance magnifying glass male manuscript pope portrait
クレジット表記
提供:アフロ
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
使用履歴を問い合わせる
もっと見る

サイズ

ピクセル数
4461 × 5895 pixel
印刷サイズ
324 × 428mm(350dpi)
データサイズ/形式
75.2MB/JPEG

料金

プライスゾーン
Standard(料金案内)

ご利用上の注意

  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
オンライン見積り
カートに入れる
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com

キーワード

キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。