をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
60370115

アントニオ猪木 vs モハメド・アリ 異種格闘技戦


このコンテンツは出版・報道コンテンツをご利用いただける
アカウントでログイン後に閲覧できます。
ご不明点はアフロカスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
60370115
タイトル
アントニオ猪木 vs モハメド・アリ 異種格闘技戦
キャプション
June 26, 1976 - Tokyo, Japan - MUHAMMAD ALI (born: Cassius Marcellus Clay Jr.), 34, vs. ANTONIO INOKI. Fight Fiasco: The much publicized American boxer versus Japanese professional wrestler match between Ali and Inoki at the Budokan Hall in Tokyo turned out to be a boring 15-round fiasco. At the time, Ali had come off a knockout victory over R. Dunn in May and was the reigning WBC/WBA Heavyweight Champion. Inoki, who had been taught the art of catch wrestling by legendary wrestler K. Gotch, was staging exhibition fights against champions of various martial arts, in an attempt to show that pro wrestling was the dominant fighting discipline. The fight itself, which was fought under special rules, is seen as a precursor to modern mixed martial arts The result of the fight has been long debated by the press and fans. The rules of the match barred Ali from hitting Inoki on the canvas, so that is where he spent most of the time after making flying leaps at Ali hoping to bring him down so that his wrestling skill would be to his advantage. But when they both stood in the ring Ali could barely reach Inoki with his gloves; both men keeping out of range of the other.
(Credit Image: © Keystone Press Agency/Keystone USA via ZUMA Wire)
クレジット表記
写真:ZUMA Press/アフロ
日付
1976年6月26日
人物
アントニオ 猪木, モハメド・アリ
撮影国
日本
コンテンツカテゴリー
プロレス
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
もっと見る

サイズ

ピクセル数
5118 × 3640 pixel
印刷サイズ
371 × 264mm(350dpi)
データサイズ/形式
53.3MB/JPEG

料金

プライスゾーン
Standard(料金案内)

ご利用上の注意

  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
  • 本作品を「出版・報道・教育目的以外」でご使用の際は、事前申請が必要です。
    媒体に関わらず営利目的使用をご希望の場合、お問合せください。
オンライン見積り
カートに入れる
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com

キーワード

キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。