をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
32323495

アイビー作戦・マイク実験 (1952年)


このコンテンツは出版・報道コンテンツをご利用いただける
アカウントでログイン後に閲覧できます。
ご不明点はアフロカスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
32323495
タイトル
アイビー作戦・マイク実験 (1952年)
キャプション
Operation Ivy MIKE, 1952
Two minutes after Zero Hour, the cloud rose to 40,000 feet. Ten minutes later, as it neared its maximum, the cloud stem had pushed upward about 25 miles, deep into the stratosphere. The mushroom portion went up to 10 miles, and spread for 100 miles. Operation Ivy was the eighth series of American nuclear tests. Its purpose was to help upgrade the U.S. arsenal of nuclear weapons in response to the Soviet nuclear weapons program. The two explosions were staged in late 1952 at Eniwetok Atoll in the Pacific Proving Ground in the Marshall Islands. The first Ivy shot, Mike, was the first successful full-scale test of a multi-megaton thermonuclear weapon (hydrogen bomb) using the Teller-Ulam design. Unlike later thermonuclear weapons, Mike used deuterium as its fusion fuel, maintained as a liquid by an expensive and cumbersome cryogenic system. It was detonated on Elugelab Island on October 31, 1952, yielding 10.4 megatons, almost 500 times the yield of the bomb dropped on Nagasaki. Eight megatons of the yield was from fast fission of the uranium tamper, creating massive amounts of radioactive fallout. The detonation left an underwater crater 6,240 feet wide and 164 feet deep where Elugelab Island had been.
クレジット表記
写真:Science Source/アフロ
日付
1952年1月1日
コンテンツカテゴリー
世界の歴史
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
もっと見る

サイズ

ピクセル数
3825 × 2981 pixel
印刷サイズ
278 × 216mm(350dpi)
データサイズ/形式
32.6MB/JPEG

料金

プライスゾーン
Standard(料金案内)

ご利用上の注意

  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
  • 本作品を「出版・報道・教育目的以外」でご使用の際は、事前申請が必要です。
    媒体に関わらず営利目的使用をご希望の場合、お問合せください。
オンライン見積り
カートに入れる
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com

キーワード

キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。