をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
26277671

1968年 ノーベル文学賞 川端康成氏が受賞


このコンテンツは出版・報道コンテンツをご利用いただける
アカウントでログイン後に閲覧できます。
ご不明点はアフロカスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
26277671
タイトル
1968年 ノーベル文学賞 川端康成氏が受賞
キャプション
作家の川端康成さんが死去 ありし日の川端さん。ノーベル文学賞受賞が決定、祝福の電話を受ける川端さん ノーベル賞作家の川端康成さん(72)が1972年(昭和47年)4月16日、仕事場の神奈川県逗子市のマンションでガス自殺した。少年時代に「十六歳の日記」を書き、「伊豆の踊子」「雪国」「山の音」など、日本の美の世界を追い続けた独特の川端文学を発表、日本で初めてのノーベル文学賞を受賞したが、その突然の死は世界に大きなショックを与えた。川端さんの古いエッセー「末期の眼」のなかで「いかに現世を厭離するとも、自殺はさとりの姿ではない」と自殺に対する心情を否定しながら72歳になって自ら死を選んだ。 ありし日の川端康成さん。1968年(昭和43年)10月17日、日本人として初めてのノーベル文学賞受賞が決まり、祝福の電話を受ける川端さん=神奈川県鎌倉市の自宅で1968年(昭和43年)10月17日、米津孝撮影 毎日グラフ1972年(昭和47年)5月7日号 7頁のカット 日本/神奈川県/鎌倉市 1968年10月17日撮影
クレジット表記
写真:毎日新聞社/アフロ
日付
1968年10月17日
人物
川端 康成
コンテンツカテゴリー
文化・風俗・アート, 日本の歴史, 日本
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
もっと見る

サイズ

ピクセル数
237 × 350 pixel
印刷サイズ
17 × 25mm(350dpi)
データサイズ/形式
0.2MB/JPEG

料金

プライスゾーン
Standard(料金案内)

ご利用上の注意

  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
  • 本作品を「出版・報道・教育目的以外」でご使用の際は、事前申請が必要です。
    媒体に関わらず営利目的使用をご希望の場合、お問合せください。

このコンテンツの
ご注文は電話・メールにて
承っております。

このコンテンツは、「使用に際して特別な注意事項がある」「別途著作権等の処理が必要」「準備に時間を要する」などの理由により、オンライン注文に対応していません。ご利用を希望される方はカスタマーセンターまでお問合せください。
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com

キーワード

キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。