をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
188058911

巨大ブラックホールの輪郭撮影 天の川銀河で初成功 (提供写真…


このコンテンツは出版・報道コンテンツをご利用いただける
アカウントでログイン後に閲覧できます。
ご不明点はアフロカスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
188058911
タイトル
巨大ブラックホールの輪郭撮影 天の川銀河で初成功 (提供写真)
キャプション
Three NASA telescopes, help astronomers learn more about the Milky Way's supermassive black hole, captured in the latest remarkable image from the Event Horizon Telescope (EHT). The Chandra X-ray Observatory, Nuclear Spectroscopic Telescope Array (NuSTAR), and the Neil Gehrels Swift Observatory (Swift) all observe X-rays from their positions in Earth orbit. X-rays pass through much of the gas and dust that blocks the optical view of the center of the Galaxy some 27,000 light years from Earth. The new EHT image of the Milky Way's central black hole — known as Sagittarius A (abbreviated as Sgr A) shows the area close to the "event horizon," the boundary of a black hole from which nothing can escape. The image is based on data obtained in April 2017. As reported in our latest release, simultaneous observations with Chandra, Swift and NuSTAR reveal what is happening farther out, where the gravitational forces from Sgr A impact the surroundings. The main panel of this graphic contains X-ray data from Chandra (blue) depicting hot gas that was blown away from massive stars near the black hole. Two images of infrared light at different wavelengths from NASA's Hubble Space Telescope show stars (orange) and cool gas (purple). These images are seven light-years across at the distance of Sgr A. A pull-out shows the new EHT image, which is only about 1.8 x 10-5 light-years across (0.000018 light-years, or about 10 light-minutes). Along with the X-ray data from Chandra, NuSTAR, and Swift, scientists in the EHT's 2017 campaign also obtained radio data from the East Asian very long-baseline Interferometer (VLBI) network and the Global 3 millimeter VLBI array; and infrared data from the European Southern Observatory's Very Large Telescope in Chile. Photo by X-ray: NASA/CXC/SAO; IR: NASA/HST/STScI. Inset: Radio (EHT Collaboration) via CNP/ABACAPRESS.COM
クレジット表記
提供:X-ray: NASA/CXC/SAO; IR: NASA/HST/STScI. Inset: Radio (EHT Collaboration)/Abaca/アフロ
日付
2022年5月12日
コンテンツカテゴリー
サイエンス, 宇宙・極圏
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
もっと見る

サイズ

ピクセル数
3600 × 3600 pixel
印刷サイズ
261 × 261mm(350dpi)
データサイズ/形式
37.1MB/JPEG

料金

プライスゾーン
Standard(料金案内)

ご利用上の注意

  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
  • 本作品を「TV番組・出版・報道・教育目的」以外でご使用の際は、事前申請が必要です。
    営利目的での使用をご検討の場合は、媒体に関わらずアフロカスタマーセンターまでお問合せください。
オンライン見積り
カートに入れる
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com

キーワード

キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。