をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
187952042

ロックダウンのルールで活魚の購入は違反 活きの良い魚が欲しい・・・


このコンテンツは出版・報道コンテンツをご利用いただける
アカウントでログイン後に閲覧できます。
ご不明点はアフロカスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
187952042
タイトル
ロックダウンのルールで活魚の購入は違反 活きの良い魚が欲しいため購入後に殺して持ち込む考えが出るが、その方法が残酷=中国
クレジット表記
動画:Newsflare/アフロ
日付
2022年5月9日
撮影国
中国
コンテンツカテゴリー
おもしろ・こぼれ話, ニュース
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
コーデック
H264
フレームレート
25.00 fps
長さ
35.28 秒
もっと見る

ストーリー

Groups of fish were seen being killed in a brutal way as lockdown rules in Shanghai prevent live goods from being delivered to quarantining residents.
Video filmed on May 9 shows a man in protective clothing killing live fish by throwing them onto the ground.
According to a worker from Yangcheng Neighbourhood Committee in Jiang'an District, the live fish were bought by a group of residents whose community was in lockdown.
As buying live fish was not permitted by the neighbourhood authorities, the residents had reported they were buying frozen fish.
When the authorities found out, they demanded that the live fish were to be killed before being delivered.
A resident said to Zhejiang Television Station that their residential community was still in lockdown and any live products were not allowed to be purchased based on the pandemic rules.
However, some residents who were quarantined for a long time wanted to get some fresh live fish to improve the quality of their meals, so they came up with the idea.
The video was provided by local media with permission.
( Original Title: Fish killed in brutal way as Shanghai lockdown rules prevent live goods from being delivered )
もっと見る

サイズ

フレームサイズ
HD 1280 × 720
形式
MP4

料金

プライスゾーン
Premium(料金案内)

ご利用上の注意

  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
  • 本作品を「TV番組・出版・報道・教育目的」以外でご使用の際は、事前申請が必要です。
    営利目的での使用をご検討の場合は、媒体に関わらずアフロカスタマーセンターまでお問合せください。
オンライン見積り
カートに入れる
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com

キーワード

キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。