をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
119796812

イランでウクライナ国際航の飛行機が墜落、カナダ人含む犠牲者に・・・


このコンテンツは出版・報道コンテンツをご利用いただける
アカウントでログイン後に閲覧できます。
ご不明点はアフロカスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
119796812
タイトル
イランでウクライナ国際航の飛行機が墜落、カナダ人含む犠牲者に追悼=カナダ
クレジット表記
動画:Ardeshir Zarezadeh/Storyful/アフロ
日付
2020年1月9日
撮影国
カナダ
コンテンツカテゴリー
ニュース
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
コーデック
H264
フレームレート
30.02 fps
長さ
45.03 秒
もっと見る

ストーリー

Vigils were held across Canada on January 9 following the crash of a Ukraine International Airlines plane near Tehran the day before. All 176 people aboard the plane were killed, including 63 Canadian citizens.The plane, a Boeing 737, crashed minutes after takeoff from Imam Khomeini International Airport.Flowers and photos of those who died were brought to a candlelit vigil in Toronto, video by one of the organizers, Ardeshir Zarezadeh, shows.According to Canadian media, Toronto Mayor John Tory said at the vigil “when one person suffers in Toronto, we all suffer.”On January 9, Canadian Prime Minister Justin Trudeau said that “evidence indicates that the plane was shot down by an Iranian surface-to-air missile.” US intelligence officials also indicated they believed the plane was shot down, a conclusion supported by video evidence analysed by news outlets, including Storyful. Credit: Ardeshir Zarezadeh via Storyful (Original Title: Flowers, Candles, and Tributes at Toronto Vigil for Those Killed in Iran Plane Crash)
もっと見る

サイズ

フレームサイズ
HD 1280 × 720
形式
MP4

料金

電話・メールにてお問合わせください(料金案内

ご利用上の注意

  • この映像の提供にはパッケージ契約が必要です。1クリップ単位の提供はできません。
  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
  • 本作品を「出版・報道・教育目的以外」でご使用の際は、事前申請が必要です。
    媒体に関わらず営利目的使用をご希望の場合、お問合せください。

このコンテンツの
ご注文は電話・メールにて
承っております。

このコンテンツは、「使用に際して特別な注意事項がある」「別途著作権等の処理が必要」「準備に時間を要する」などの理由により、オンライン注文に対応していません。ご利用を希望される方はカスタマーセンターまでお問合せください。
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com

キーワード

キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。