をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
114513993

現在の米国で起こっている事 騎馬警官が容疑者を縄で連行【日本・・・


このコンテンツは出版・報道コンテンツをご利用いただける
アカウントでログイン後に閲覧できます。
ご不明点はアフロカスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
114513993
タイトル
現在の米国で起こっている事 騎馬警官が容疑者を縄で連行【日本語字幕】=2019年10月4日配信
クレジット表記
動画:AP/アフロ
日付
2019年8月3日
コンテンツカテゴリー
ニュース
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
コーデック
H264
フレームレート
29.97 fps
長さ
120.99 秒
もっと見る

ストーリー

ガルベストン、テキサス州、10月4日(AP)― 米国では現在も各州の郡や町に保安官事務所があり、シェリフが存在し、テキサス州にはいまでもテキサスレンジャーがいる。
 また、犯罪容疑者連行の方法も、パトカーの後部座席に乗せる一般的な方法から、後ろ手錠に縄を付けて馬上の警察官が連行する方法まで、州や郡、市や町の司法機関によってさまざまだ。これは決して映画やテレビの中だけの話ではなく、現実だ。
 そのテキサス州ガルベストンで今年の8月3日、2人の白人騎馬警官が、不法侵入容疑で逮捕された黒人男性を後ろ手錠で縄を引いて、白昼市内を連行する様子を市民に目撃され、「人権侵害だ」という非難の声が上がった。
 抗議を受けて、テキサスレンジャーとガルベストン郡保安官事務所は10月2日、同容疑者の逮捕に当たった2人の白人警官のボディーカメラ映像を公開した。
 映像と同時に録音された音声には、男性警官が2度にわたって「これは酷いんじゃないか」と言う声が聞こえる。
 2人の警官は、ピックアップトラックと馬運車を駐めてある場所まで数ブロック、市内の人通りの少ない道路を選んで容疑者を連行、常に丁寧な言葉使いで対応していた。
 自身が黒人であるガルベストン警察署長は、2人の警官は訓練通りの手順を踏んだだけだが、「相手が1人だったことを考慮すれば、対応を誤ったと判断せざるを得ない」として正式に謝罪。同時に、容疑者の逮捕連行に関する内規を改正すると述べた。また、テキサスレンジャーも、2人の警官に違法行為はなかったとの見方を示した。

(日本語翻訳 アフロ)
もっと見る

サイズ

フレームサイズ
FullHD 1920 × 1080
形式
MP4

料金

電話・メールにてお問合わせください(料金案内

ご利用上の注意

  • この映像の提供にはディジタルパッケージ契約が必要です。 テレビ使用や1クリップ単位の提供はできません。
  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
  • 本作品を「TV番組・出版・報道・教育目的以外」でご使用の際は、事前申請が必要です。
    営利目的での使用をご検討の場合は、媒体に関わらずアフロカスタマーセンターまでお問合せください。

このコンテンツの
ご注文は電話・メールにて
承っております。

このコンテンツは、「使用に際して特別な注意事項がある」「別途著作権等の処理が必要」「準備に時間を要する」などの理由により、オンライン注文に対応していません。ご利用を希望される方はカスタマーセンターまでお問合せください。
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com
キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。