をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
110812168

Chinese president meets Uzbek ・・・


このコンテンツは出版・報道コンテンツをご利用いただける
アカウントでログイン後に閲覧できます。
ご不明点はアフロカスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
110812168
タイトル
Chinese president meets Uzbek PM
クレジット表記
動画:CCTV+/アフロ
日付
2019年9月28日
撮影国
中国
コンテンツカテゴリー
ニュース
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
コーデック
H264
フレームレート
29.97 fps
長さ
109.18 秒
もっと見る

ストーリー

Chinese President Xi Jinping met with Uzbek Prime Minister Abdulla Aripov on Wednesday in Beijing.

President Xi said China highly values its relations with Uzbekistan and the comprehensive strategic partnership between the two countries serves the interests of people in both countries. He said China and Uzbekistan should strengthen their cooperation under the Belt and Road Initiative by aligning their national development strategies, noting that the two sides should deepen cooperation in trade, investment, high-tech and new energy.

Aripov said China is a reliable neighbor and partner of Uzbekistan, and Uzbekistan wants to promote its cooperation with China under the Belt and Road Initiative and expand people-to-people exchanges.

Aripov laid a wreath at the Monument to the People's Heroes at the Tian'anmen Square on Wednesday afternoon.
もっと見る

タイムライン

Beijing, China - Aug 28, 2019 (CCTV - No access Chinese mainland)
1. Chinese President Xi Jinping, Uzbek Prime Minister Abdulla Aripov shaking hands, posing for photos
2. Various of meeting in progress
3. Guards of honor at Monument to the People's Heroes
4. Various of Aripov laying wreath at Monument to the People's Heroes
もっと見る

サイズ

フレームサイズ
FullHD 1920 × 1080
形式
MP4

料金

プライスゾーン
Standard(料金案内)

ご利用上の注意

  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
  • 本作品を「出版・報道・教育目的以外」でご使用の際は、事前申請が必要です。
    媒体に関わらず営利目的使用をご希望の場合、お問合せください。
オンライン見積り
カートに入れる
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com

キーワード

キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。