をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
108974388

習近平総書記と彭麗媛夫人、中朝友誼塔を訪問


このコンテンツは出版・報道コンテンツをご利用いただける
アカウントでログイン後に閲覧できます。
ご不明点はアフロカスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
108974388
タイトル
習近平総書記と彭麗媛夫人、中朝友誼塔を訪問
クレジット表記
動画:CCTV+/アフロ
日付
2019年6月21日
コンテンツカテゴリー
ニュース
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
コーデック
H264
フレームレート
25.00 fps
長さ
292.28 秒
もっと見る

ストーリー

習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席と彭麗媛夫人は21日午後、平壌の牡丹峰のふもとにある、中国人民志願軍の烈士を記念して建てられた中朝友誼塔を訪問した。金正恩朝鮮労働党委員長・国務委員会委員長と夫人の李雪主氏も同行した。

友誼塔の前で全員が黙とうを捧げた後、習総書記夫妻は金正恩委員長夫妻に付き添われ、塔に刻まれた中国人民志願軍の朝鮮に赴く様子や、両国人民の友情を表すレリーフを見て回った。そして、塔の記念室で烈士の名簿や壁画を見た後、習総書記は帳面に「缅怀先烈,世代友好(烈士を偲び 子々孫々友好)」と書き残した。

習総書記は「今日の訪問は、命を捧げた烈士を偲び、両国の革命家が肩を並べて戦った歴史を振り返った。また、両国の伝統的な友情を若者に伝えた。さらに、平和維持という両国の強い決意をアピールした。我々は、両国の友情を子々孫々に伝え、社会主義事業を強固にし発展させ、両国人民のために、地域の平和と安定、繁栄を進めたい」と強調した。

これに対して、金委員長は「友誼塔は両国の伝統的友情のシンボルだ。朝鮮の党、政府、人民は、侵略を防ぐ中で犠牲となった中国人民志願軍を永遠に忘れない。そして、新しい時代に両国の友情を受け継ぎ発展させていく。さらに、両国で連携を強化し、両国関係に大きな成果をもたらしていく」と強調した。 (Original Title: 習近平総書記と彭麗媛夫人、中朝友誼塔を訪問)
もっと見る

タイムライン

朝鮮・平壌 - 2019年6月21日(CCTV - 中国大陸での使用は不可)
1.中朝友誼塔
2.金正恩朝鮮労働党委員長・国務委員会委員長と李雪主夫人が習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席と彭麗媛夫人を迎える
3.中朝友誼塔
4.中国国歌が演奏される、友誼塔の前に立っている習総書記、金委員長、彭夫人、李夫人
5.中朝友誼塔、軍楽隊
6.朝鮮の国歌を演奏する軍楽隊
7.朝鮮の国歌が演奏される間の習総書記、金委員長、彭夫人、李夫人
8.中朝友誼塔
9.友誼塔のふもとに花籠を置く儀仗兵
10.花籠のリボンを整える習総書記
11.友誼塔の前にいる人々
12.中国人民志願軍の烈士に黙祷を捧げる
13.儀仗兵の行進を見る習総書記、金委員長、彭夫人、李夫人
14.中朝友誼塔を守る兵士
15.習総書記と金委員長が歩きながら会話
16.塔のレリーフ彫刻
17.塔の記念室で烈士の名簿を見る習総書記
18.中国人民志願軍烈士の名簿
19.金委員長に話す習総書記
20.壁画
21.金委員長に話す習総書記
22.帳面に「缅怀先烈,世代友好(烈士を偲び 子々孫々友好)」と書く習総書記
23.中朝友誼塔
24.中朝友誼塔の記念室から出て行く習総書記、金委員長、彭夫人、李夫人
25.朝鮮の高官と握手する習総書記
もっと見る

サイズ

フレームサイズ
FullHD 1920 × 1080
形式
MP4

料金

プライスゾーン
Standard(料金案内)

ご利用上の注意

  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
  • 本作品を「出版・報道・教育目的以外」でご使用の際は、事前申請が必要です。
    媒体に関わらず営利目的使用をご希望の場合、お問合せください。
オンライン見積り
カートに入れる
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com

キーワード

キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。