をいずれか含む
  • 全て含む
  • いずれか含む
169413997

【映像】試されるタリバンの原理主義 経済再建急務のアフガン政・・・


このコンテンツは出版・報道コンテンツをご利用いただける
アカウントでログイン後に閲覧できます。
ご不明点はアフロカスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷

作品情報

作品番号
169413997
タイトル
【映像】試されるタリバンの原理主義 経済再建急務のアフガン政権
クレジット表記
動画:AP/アフロ
日付
2021年9月14日
撮影国
アフガニスタン
コンテンツカテゴリー
ニュース
ライセンスタイプ
RM(ライツマネージド)
モデルリリース
なし 
プロパティリリース
なし 
コーデック
H264
フレームレート
29.97 fps
長さ
111.95 秒
もっと見る

ストーリー

カブール、アフガニスタン、9月14日(AP)― イスラム原理主義組織タリバンは8月15日、米軍撤退の虚(きょ)に乗じて電撃的に政権を掌握したが、アフガニスタンは20年前にタリバンが統治していた当時とは大きく様変わりし、早急な経済再建が求められている。
 1996年にアフガニスタン・イスラム首長国を建国した当時のアフガニスタンは、貧しい農業国であり、タリバンはといえば、従順な国民に伝統的なイスラムの教義を押し付けることで夢中だった。
 しかし、20年後のアフガニスタンには、少数ながら教育を受けた中産階級が存在する一方で、国内総生産は最貧国水準にあり、20年に亘る戦争と腐敗で経済は破綻寸前の状態だ。
 タリバンが首都を制圧する以前から、失業率は30パーセントを超えており、20年に及ぶ米国の経済的支援にもかかわらず、人口の半数以上が困窮生活を余儀なくされていた。
 首都の国内難民キャンプには数千家族が暮らしており、支援団体からの援助も乏しくなってきている。2021年末までに、人口の97パーセントが貧困ライン以下とみなされるだろうと国連は警告している。
 週200ドルの政府割当金をもらおうと、カブールの銀行前には開店の数時間前から、連日数千人の市民が並んでいる。タリバンは一時、割当金を引き出せるシステムを構築しようとしたが、銀行の前に群衆が急増するにつれて、従来どおりの棒による統制が取って代わった。
 イスラム法に厳格であろうとする一方で、国際社会の理解を得るためにどこまで原理主義を曲げられるかによっては、指導部間に分裂を広げる可能性がある。

(日本語翻訳・編集 アフロ)
もっと見る

サイズ

フレームサイズ
FullHD 1920 × 1080
形式
MP4

料金

電話・メールにてお問合わせください(料金案内

ご利用上の注意

  • この映像の提供にはディジタルパッケージ契約が必要です。テレビ使用や1クリップ単位の提供はできません。
  • 被写体やご利用方法によっては、被写体管理者から事前に使用許可を得る必要がある場合があります。
  • 本作品を「TV番組・出版・報道・教育目的以外」でご使用の際は、事前申請が必要です。
    営利目的での使用をご検討の場合は、媒体に関わらずアフロカスタマーセンターまでお問合せください。

このコンテンツの
ご注文は電話・メールにて
承っております。

このコンテンツは、「使用に際して特別な注意事項がある」「別途著作権等の処理が必要」「準備に時間を要する」などの理由により、オンライン注文に対応していません。ご利用を希望される方はカスタマーセンターまでお問合せください。
アフロカスタマーセンター
営業時間<年中無休> 9:30~22:00
広告・販促・ウェブ
0120-565-410
sagasu@aflo.com
報道・出版・教育
0120-656-410
houdou@aflo.com
TV番組
0120-707-410
tv@aflo.com

キーワード

キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。
また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。