期間指定
日付指定 -
日付はYYYYMMDD形式で入力してください。【例 20100810】
表示中の特集
歴史特集一覧
【日本の震災】
 
特集一覧

【日本の震災】

江戸時代の大地震から東日本大震災まで。日本で起きた大地震の写真を地震別にまとめました。
  • 熊本地震
    (2016年4月)
    ※特設ページへ
    熊本県でマグニチュード7.0の前震、同7.3の本震とする地震が発生。最大震度7を2度観測し...
  • 東日本大震災
    (2011年3月)
    ※特設ページへ
    マグニチュード9.0、死者15,884人、行方不明者2,633人
  • 静岡沖地震
    (2009年8月)
    マグニチュード6.5。静岡県内で最大震度6弱を観測。
  • 岩手・宮城内陸地震
    (2008年6月)
    マグニチュード7.2、死者17人、行方不明者6人
  • 能登半島地震
    (2007年3月)
    マグニチュード6.9、死者1人、負傷者355人
  • 新潟県中越沖地震
    (2007年7月)
    マグニチュード6.8、死者15人、負傷者2,345人
  • 福岡県西方沖地震(2005年3月)
    マグニチュード7.0、玄界島で住宅の半数が全壊する被害。福岡市付近で有史以来最大の地震。
  • 新潟県中越地震
    (2004年10月)
    マグニチュード6.8、死者68人、負傷者4,805人
  • 十勝沖地震
    (2003年9月)
    マグニチュード8.0、死者1人、行方不明者1人
  • 鳥取県西部地震
    (2000年10月)
    鳥取県西部でマグニチュード7.3の地震が発生。最大震度6強を観測した。
  • 鹿児島県北西部地震
    (1997年3月)
    鹿児島県薩摩地方でマグニチュード6.6の地震が発生。最大震度5強を観測した。
  • 阪神・淡路大震災
    (1995年1月)
    ※特設ページへ
    マグニチュード7.3、兵庫県南部を中心に大都市直下を震源とする日本で初めての大地震
  • 三陸はるか沖地震
    (1994年12月)
    マグニチュード7.6、 八戸市を中心に建物等への被害
  • 北海道東方沖地震
    (1994年10月)
    マグニチュード8.2、北海道中心に強い地震、北方領土でも大きな被害がでた
  • 北海道南西沖地震
    (1993年7月)
    マグニチュード7.8、奥尻島を中心に、火災や津波で甚大な被害を及ぼした
  • 釧路沖地震
    (1993年1月 )
    マグニチュード7.5、ライフラインの多くが破壊され、復旧に半年を要した
  • その他1990年代震災
  • 伊豆半島東方沖群発地震
    (1989年6月〜)
    マグニチュード5.5、伊豆東部火山群の海底火山が噴火による群発地震
  • 千葉県東方沖地震
    (1987年12月)
    マグニチュード6.7、関東大震災以来の関東地方での大きな被害が発生した
  • 長野県西部地震
    (1984年9月)
    マグニチュード6.8、前日までの大雨で土砂崩落による被害が多発した
  • 日本海中部地震
    (1983年5月)
    マグニチュード7.7、日本海側に津波は来ないという俗説により人的被害を広めた
  • 浦河沖地震
    (1982年3月)
    マグニチュード7.1、北海道で1952年以来の震度6を観測
  • その他1980年代震災
  • 宮城県沖地震
    (1978年6月)
    マグニチュード7.4、大都市が経験した初めての都市型地震災害とも言われる
  • 伊豆大島近海地震
    (1978年1月)
    マグニチュード7.0、、地震により鉱山からの廃水が流出し駿河湾への汚染被害が広がった
  • 大分地震
    (1975年4月)
    大分県湯布院を震源としてマグニチュード 6.4、最大震度4の直下型地震が発生。
  • 阿蘇地震
    (1975年1月)
    熊本県阿蘇地方にてマグニチュード6.1の地震が発生。交通機関や人家に多大な被害を与えた。
  • 伊豆半島沖地震
    (1974年5月)
    マグニチュード6.9、大規模の山崩れが起き、山裾の多くの家屋が飲み込まれた
  • その他1970年代震災
  • 1968年十勝沖地震
    (1968年5月)
    マグニチュード7.9、前日までの大雨による地盤の緩から被害が拡大した
  • えびの地震
    (1968年2月)
    マグニチュード6.1、揺れは九州全域で観測され、南九州ではこの百年で最大規模
  • 松代群発地震
    (1965年8月〜)
    約5年半にもおよぶ世界的にも長期間にわたる群発地震
  • 新潟地震
    (1964年6月)
    マグニチュード7.5、地震によるコンビナート火災は国内史上最大・最悪
  • 1961年日向灘地震
    (1961年2月)
    南海トラフ西部に位置する日向灘を震源とするマグニチュード7.0の地震が発生。
  • チリ地震津波
    (1960年5月)
    チリ地震発生から約22時間後に最大で6.1mの津波が襲来
  • その他1960年代震災
  • 1952年十勝沖地震
    (1952年3月)
    マグニチュード8.2、地震による津波の流氷・海氷で多くの家屋が被害を被った
  • その他1950年代震災
  • 今市地震
    (1949年12月)
    マグニチュード6.4、栃木県今市市を震源とする内陸直下型地震
  • 福井大地震
    (1948年6月)
    マグニチュード8.1、発生当時の日本災害史上最悪クラスの震災となった
  • 昭和南海地震
    (1946年12月)
    マブニチュード8.0、南西日本一帯で津波による甚大な被害が発生した
  • 鳥取地震
    (1943年9月)
    マグニチュード7.2、第二次世界大戦の最中の大地震で死者は1,000名を超えた
  • その他1940年代震災
  • 男鹿地震
    (1939年5月)
    マグニチュード6.8、男鹿半島から八郎潟周辺に被害が集中した
  • 静岡地震
    (1935年7月)
    マグニチュード6.7、静岡市付近で発生した直下型地震、住宅の全半壊や崖崩れの被害
  • 昭和三陸地震
    (1933年3月)
    マグニチュード8.1、地震による大津波が襲来し被害は甚大となった
  • 北伊豆地震
    (1930年11月)
    マグニチュード7.3、本震前日までに2200回を超える前震を記録した
  • その他1930年代震災
  • 北丹後地震
    (1927年3月)
    マグニチュード7.3、北近畿を中心に中国・四国地方まで被害がおよんだ
  • 但馬地震
    (1925年5月)
    マグニチュード7.3、観測された震度6は当時の震度階級による最大震度
  • 関東大震災
    (1923年9月)
    ※特設ページへ
    マグニチュード7.9、関東を中心に広い範囲で甚大な被害をもたらした
  • 島原地震
    (1922年12月)
    島原半島にてマグニチュード6.9の地震が発生。半島の南部、西部甚大な被害を与えた。
  • その他1920年代震災
  • 1920年以前の震災